アトピーの子供がいるお家の気をつけたい衣替え方法

アトピー の子供がいるお家の気をつけたい 衣替え 方法

ミヤタ
こんにちは。ミヤタです。

暑かった夏も終わって衣替えのシーズン到来です。

今週末に衣替えをされるご家庭も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事は、アトピーの子供がいる家の気をつけたい衣替え方法についてシェアします。

衣替え時にはアトピーの大敵ハウスダストが大量に出ます!

アトピーの大敵。。ハウスダスト(アレルゲン)が衣替えをする時には大量に!!発生します。

特にアトピーだったり、アレルギーを持っているお子さんは症状の悪化にもダイレクトに繋がるのでしっかりとした対策が必要になります。

アレルギーマーチを引き起こして小児喘息になってしまう。

そんなリスクもあるのでまずは衣替えは大量のハウスダストが出る!としっかりと認識しておきましょう。

パパもママも必読!アレルギーの原因 ”アレルゲン” とは?

アトピーの子供がいるお家の正しい衣替えの方法

衣替えで大量のハウスダストが出る。

と認識してもらたら次は正しい衣替えの方法です。

簡単なことなので是非実践して下さいね。

子供がいない時にやる

衣替えをする時はハウスダストがどうしても大量に出てしまいます。

これは仕方ないので、出来るだけお子さんがお家に居ない間にやってしまうのが得策です。

ママ
あっちに行っててね。

って優しく言っても。。

クローゼットで作業してたら子供は絶対に近づいて来ますもんねw

無用なイライラを無くす意味でもこれが一番いいですw

換気をしっかりする

布と布が擦れ合ってハウスダストが発生します。

なので衣替え最中のクローゼットの空気は最悪な状態です。

二箇所以上窓を開けて換気しながら衣替えはしましょう。

モップや掃除機を準備しておく

衣装ケースの上 衣装ケースを動かしたら埃の塊が。。。

あるあるですよね。

衣装ケースの上の埃は、吸着剤加工されているハンディーモップでサッと一拭き。これなら埃を舞い上げることなくお掃除出来ます。

衣装ケースの奥に埃の塊を見つけたら吸着剤加工されたフロアモップでサッと。お掃除。モップが無ければ掃除機でもオッケー。でも、掃除機は排気があるので排気口の向きには十分注意してから使用しましょう。

目についたらすぐに埃は除去する!これが埃を舞い上げずにお掃除する基礎です。

いらないものは全部捨てる 断捨離

物が多ければ多いだけ埃やハウスダストは増えます。

この際、いらないものは断捨離しましょう!!

結構多くのものが必要ないんです。

断捨離することで心も軽やかになりますよw

ソッと動く

冗談みたいな本当の話w

無駄にバタバタ動くのではなくソッと動いて少しでも埃を舞い上げないようにします。

これが結構大事w

洗えるものは全部洗おう!

無事に冬物のお洋服を出せました。

そのまま着たい気持ちはわかりますが。。

衣装ケースの中で眠っていたお洋服はアレル物質の宝庫と化しています。

なので、洗えるものは洗いましょう。

洗う事でアレル物質(ダニのフンや死骸)のほとんどが流れ去ります。

洗えないものは吸ってしまおう!!

洗えないものに関しては、掃除機のアタッチメントなどを使って吸い取りましょう。

生地がダメージを受けそうなものはシーツをかぶせてその上から掃除機で吸い取るのも効果的です。

めんどくさいのはクリーニング屋さんにお願いしましょう。

一番間違いない!!

最後に掃除で仕上げ

一見綺麗になったクローゼット。

ここで無茶苦茶大事な事言います!!!!

舞い上がったハウスダストは約12時間かけて床に落ちてきます。

衣替えが終わって12時間後にクローゼットのモップがけや掃除機を必ずして下さい。

これでクローゼット内のハウスダストの量をかなり減らすことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

アトピーの大敵ハウスダストから子供たちを守るための方法をお知らせしました。

何か気になることがあればご質問下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

はてブ!や拡散してもらえると嬉しいです。

 

こんな想いでアトピーに対するお掃除の方法のブログを書いています。

小児喘息 アトピー性皮膚炎のお子様がいるお家の「お掃除方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です