スマホの画面割れを防止する方法【絶対に割りたくない人向け】




スマホの画面割を割りたくない!

今度こそスマホの画面を綺麗なままキープするぞ!

画面割れで無駄なお金を使いたくない!

こんなことでお悩みではないでしょうか?

記事の内容
この記事は、スマホの画面割れを防止するための方法をご紹介します。

定番の方法からあまり知られていない方法まで詳しく解説しますのでどうぞ最後までおつきあいください。

スマホの画面割れを防止する3つの方法

ここからは具体的なスマホの画面割れを防止する方法をお伝えします。

メリットやデメリットがあるのであなたにぴったりの方法を探して見てください。

スマホの画面割れを防止する方法【G-PACK】

あまり知られていない方法として、まず紹介させていただきますのがこちらです。
<スマホコーティング>

ミヤタ
スマホコーティングを知らない方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明しますね。

スマホコーティングとは?
直接画面にガラス皮膜を形成しスマホの画面割れや傷に対策できるものです。
フィルムやカバーでは実現できない薄さや強度、密着性を保てます。
更に、カバーと違って大きさに影響を受けないので施工できない機種などが存在しません。
マイナーな機種だとカバーがなかったりしますがコーティングなら心配いりませんね。
スマホコーティングでオススメなのはG-PACKさんです。

業界内でも値段がお手頃で強度面でも従来のものより高い信頼のあるものを提供してくれています。

ここからメリットとデメリットも公平にご紹介します。

デメリット

どんな商品にもデメリットはあります。
コーティングによってツルツルになるので滑り落としやすくなります。
しかしそれによって操作性もよくなります。
あと光が反射しやすくなります。
ピカピカになるので少し画面が見辛いかな??ということも。
綺麗にしすぎるのも考えものですね(贅沢な悩み)
他にはデメリットが無いような気がします。

メリット

耐久性能の高さ
ホームページの口コミにもありますが落としても割れません。
さらに画面の割れや傷は落とすだけじゃない!鍵などの引っ掻き傷にも強いです。
さらにさらにG-PACKさんのコーティングの強さは業界内の最高値です。

※ぼく調べです。

コーティングにも強さがあるみたいなので安ければいいというものでは無いのですね。
3000円〜5000円が相場ということなのでそれより安いものには注意しましょう。
安物買いの銭失いにならないように!

抗菌・除菌性能
スマホの除菌にも社会的にニーズが高まってきています。

ミヤタ
新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について厚生労働省から発表がありました。

界面活性剤は、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。9種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに有効であることが確認されています(NITEの検証による)。

NITE検証試験結果から有効と判断された界面活性剤(9種)
・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
・アルキルグリコシド(0.1%以上)
・アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
・塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
・塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)
・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)
・純石けん分(脂肪酸カリウム)(0.24%以上)
・純石けん分(脂肪酸ナトリウム)(0.22%以上)

引用:厚生労働省ー新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

G-PACKさんはNITEが発表した効果が認められる界面活性剤の塩化ベンザルコニウムでの作業になっています。

安心ですね!!

目に優しいブルーライトカット
皆さんはブルーライトの対策をしていますか?
スマホのブルーライトって本当に怖いんです…
今の世の中スマホを使わない人はほぼいません。
そしてそれによる
<慢性的な睡眠不足>
<眼精疲労>
<体調不良>
を引き起こすので対策は必須です。
コーティングにはブルーライトカット加工がされています。
最近よく眠れないなぁと思っている人は検討してみてもいいかもしれません。

気泡や剥がれ知らず
皆さんもフィルム貼りに失敗したことはありませんか?
フィルムって自分で貼るとうまく行かないんですよね…
<拭き取りが甘く、フィルムの内側にゴミが・・・>
<斜めについてしまった・・・>
<すぐに剥がれてしまった・・・>
コーティングならこんなことはありえません。
フィルムが剥がれていると衛生面でも注意が必要になります!

充実した申込方法
「来店」「郵送」「出張」と色々な方法があるのもいいですね。
各自の生活様式に応じた対応をとってもらえます。
来店の方でも予約をとってから行くと10分くらいで施工してもらえるみたいです!
郵送や出張も忙しい現代人にはとても強い味方です。

口コミ評価

ネット
指紋や汚れが落ちやすい。

綺麗になった。

実際落としてしまったけど割れなかった

というレビューもありました。
お店のスタッフの雰囲気が良かった!という意見が個人的にいいですね。
気になった方は一度ご覧になってみるといいと思います!

スマホの画面割れを防止する方法【カバーを使う】

次はスマホカバーです。使用率も高い気がします。
値段もピンからキリまで!数百円のものもあれば10,000円を超えるものまであります。
傷防止の他にもカードを入れたい
などの理由や
ストラップを付けたいから
という理由で使用している方もいますね。

デメリット

熱によるバッテリーへのダメージ
近年完全防水スマホなどが流行ってきていますね。
ただ隙間を埋めてしまった分、放熱性能に問題がある機種がちらほら…
スマホカバーを付けてしまっている分、さらに放熱が間に合わなくなっています。
使い方が悪ければ一年でバッテリーを交換しなくてはいけなくなることもあるそうです。
<充電時はスマホカバーを外す。>
<スマホの連続使用は控える>
こういう対策がスマホカバーには必要なのかもしれませんね。

機種によって合うサイズがない
マイナーな機種だとカバー自体生産されていなかったりします。
スマホカバーを選択される方はデザインを重視される傾向にあると思います。
自分の気にいるデザインのカバーが発売されていなかったら買う意味がないですね。

メリット

好みのデザインが選べる
スマホカバーの最大の利点だと思います。
好きなキャラ・好きなブランド・好きな景色・好きな人のケースにしてたらテンション上がりますよね。
しかも高額にはなってしまいますが、本革などのケースは好きな人もいらっしゃるのではないでしょうか
ただスマホカバーも高額、バッテリーも高額になってしまうことがあります。
コストパフォーマンスだけみたら3つのうちで一番悪いのかもしれません。

スマホの画面割れを防止する方法【スマホリングを使う】

最近ではさほど珍しくもなくなったかな?けど一時期よりブームは去ったかな?
という温度感のスマホリングです。
一応説明しておくと、スマホリングとはスマホの後ろに強力な粘着テープで止めるリングのことです。
手で持つときに指を通すことにより片手でも安定してスマホを持つことができます。
リング自体も回転、角度が付けられるので結構自由自在です。
ある程度硬いのでスマホを横置きすれば自立させることもできます

デメリット

リングが邪魔になる時がある
ポケットやカバンに入れておくと出すとき入れるときに衣類や小物に引っかかります(怒り)
リングがしっかりしていて太いので結構邪魔です。

壊れやすい
リング部分が外れやすいです。
しかもスマホリング自体が他の商品と比べて金額も安くもないという。
結構大きいデメリットかなーと思います。ワイヤレス充電が出来ない
背面に分厚いリングがくるため置いて充電するタイプのワイヤレス充電が出来ません。
ワイヤレス充電は普及率も高まってきましたしとても便利なのでこちらも大きなデメリット。
ただしスマホリングによってはワイヤレス充電可能なものもあるらしいので要検証です。

メリット

オシャレ
指に通したり普段の姿がかっこいいです。

片手持ちでも画面の端に指が届きます。
手の小さい女の人とかだといいかもしれませんね。
男の人には基本的にいらないと思います。

まとめ

スマホコーティング・スマホカバー・スマホリング
以上3点の画面割れ対策をご紹介させていただきました。
いかがだったでしょうか?
それぞれにメリットデメリットがありとても迷ってしまいますね。
共通する注意点は、
相場に対して安すぎるものには理由があるのでしっかりとリサーチすること
です。
スマホカバーは分厚くて熱対策が難しい・スマホリングは衣服に引っかかったり壊れやすい
デメリット面が気になる人はG−PACKさんを検討してみてもいいかもしれませんね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




コンビニエンスなチキンたち

ポッドキャストラボ 教授のミヤタが配信しているポッドキャスト番組です!! ラボでの知識を活かして番組を作っています! ラボとは違って、おもしろおかしく番組を作っていますw エピソードトークや大喜利のコーナーであなたをクスッと笑わせたいのです!!聴いてね♪

Podcastのお役立ち情報

ポッドキャストのノウハウを研究するポッドキャストラボ きっとあなたに役立つ情報が見つかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です